中部経済新聞のSDGs環境特集にグループ記事(ワールドウィング名古屋東別院)を掲載しました。

 

 

企業の取り組み

ワールドウィングを主宰する小山裕史博士の「初動負荷トレーニング」はアスリートをはじめ、医師や財界人など幅広い層に支持されており、その提携施設「ワールドウィング名古屋東別院」を当社が運営しています。

「疲れない、けがをしない身体づくり」「100歳まで歩く」をキャッチフレーズに、お子様から 80 代までの会員がトレーニングに励んでいます。関節の可動域を広げながら行うトレーニングは何歳からでも始められ、苦しくない、汗をかかない、身体にやさしいトレーニングです。

とくにゴルファーの利用が多く、性別やプロ・アマを問わず支持をいただいています。「飛距離が15ヤード伸びた」「腰や肩、ひざの痛みが大幅に軽減した」といった声が多く寄せられます。
アスリートからリハビリ中の方、小学生から高齢者まで声を掛け合う光景は、まさに理想のトレーニングと言えます。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP